むち打ち症でお困りの方へ【久留米市・筑後市・八女市・広川町の交通事故治療はハルイロ整骨院へ】

  • 2022年3月29日
  • 2022年3月29日
  • 未分類
  • 6view

交通事故に遭いムチウチと診断され通院中だけど良くならない。

首の痛み、腕や手の痺れがある。

交通事故に遭ってから頭痛、吐き気がある。

疲労感があり気分がすぐれない。

このような症状がある方は、むち打ち症(頚部捻挫)治療実績のあるハルイロ整骨院へおまかせください。

 

交通事故やスポーツなど追突や衝突の衝撃で首を痛めてしまうと、首の痛みだけではなく手や腕の痺れ、頭痛や吐き気、めまいといった思わぬ症状に悩ませれることがあります。

レントゲンなどの画像検査では異常がみられないこともしばしば。

 

整形外科で電気治療をしているけどなかなか良くならないなどご相談を受けることもあり、電気治療だけでは改善しにくい症状でもあります。

 

当院では、手技での治療をメインとし超音波治療やハイボルテージ治療など患者様に合わせて治療を進めていきます。

また、交通事故治療経験は多数ございますのでご安心してご連絡くださいませ。

 

むち打ち症の特徴

むち打ち症には種類がありそれぞれ症状や痛める部位に違いがあります。

頚椎捻挫型

むち打ち症全体の70~80%を占めるといわれています。

首の靭帯や筋肉を損傷しています。

首や肩の可動域制限(動かしにくさ)があり、動かしたときの痛みもあります。

衝撃がひどい場合は神経まで損傷していることがあり、症状改善に時間がかかる場合があります。

レントゲン検査では、損傷部位を見つけることが難しく痛みや痺れ、可動域制限など症状はあるが異常なしということがあります。

 

神経根症状型

事故の衝撃で首の神経根が椎間板に圧迫されることで神経の伝達が上手くいかなくなってしまいます。

首、肩、腕、手など上肢の痛みや痺れ、だるさといった症状が出ます。

 

バレ・リーウー症候群

首には自律神経(交感神経、副交感神経)が通っています。

むち打ちの衝撃で自律神経を損傷すると頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、不眠、倦怠感、無気力感など一見すれば首とは関係のない症状が全身に表れてしまいます。

 

脊髄症状型

脊髄(脳と背骨の中にある神経)を損傷し、下半身の痺れ、手や足の麻痺、痛み、知覚異常、歩行障害が起こることがあります。

膀胱や直腸に障害が起こると、排尿や排便が困難になる場合があります。

最も重い症状であることが多いです。

 

脳脊髄液減少症

脳は脳脊髄液という液体の中に浮いています。

事故の衝撃で脳脊髄液を包んでいる膜が破れ、脳脊髄液が漏れてしまうことがあります。

脳脊髄液が漏れ減少してしまうと、浮いていた脳が沈み様々な症状が出ます。

頭痛、倦怠感、イライラ、不眠、気圧や気候の変化による不調などの不定愁訴を訴える方が多いです。

MRI検査など専門的な検査が必要になります。

 

 

当院のむち打ち症の治療

交通事故後すぐ症状が出る方もいれば、2~3日後に症状が出る方もいます。

事故後数日は痛みや痺れなど症状がひどく、少し動かしただけ、少し触っただけでも強い痛みを感じる場合があります。

ハルイロ整骨院では段階的な治療を行っていきます。

事故後すぐ痛みがひどい場合は、患部を安静にし刺激の少ない自然治癒力を高める治療を行います。

刺激の少ない手技や超音波治療を行い組織の回復力を高めていきます。

ある程度痛みが落ち着いてきたら事故の衝撃で固まった筋肉を緩めていき、動体療法やストレッチを行い関節可動域改善の治療を行います。

痛みは個人差があります。

その方に合った施術を選び治療を行いますのでご安心ください。

 

保険会社に「整骨院だけの治療はできない」と言われた場合は、整形外科と整骨院の併用通院も可能です。

整形外科のご紹介もできますのでお気軽にお問い合わせください。

 

交通事故の治療について気になることがあればお気軽に当院へお問い合わせください。

友だち追加

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!