腰の痛み(腰痛)

腰痛といっても原因や痛みの出る場所は様々。

整形外科などの病院でレントゲン検査やMRI検査を行って、原因を特定できる腰痛は全体の10%程度しかないと言われています。

残りの90%は原因が特定できず、レントゲン検査やMRI検査を行っても異常がみられない腰痛ということになります。

腰の痛みだけでなく、お尻や太もも、ふくらはぎやすねの痛みや痺れの症状を伴うものもあり、腰痛といっても種類は様々で症状にも個人差があるのが特徴です。

 

当院の施術は様々な種類の腰痛に対応します。

整形外科など病院で原因を特定できなかった腰痛はもちろん、原因を特定できた腰痛でも症状がなかなか改善しないものは当院の施術で改善した例もあります。

腰の痛みや足の痛みや痺れでお困りの方は、一度当院へご相談ください。

※当院の施術は全ての腰痛を改善できるというわけではありませんのでご了承ください。

 

整形外科など病院でよく診断される腰痛

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

坐骨神経痛

腰椎圧迫骨折

 

腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニアとは飛び出す(脱出)という意味があり、椎間板ヘルニアは椎間板が外に飛び出してしまう状態のことです。

背骨(脊柱)の骨の間にはクッションの役割を担う椎間板があります。

その椎間板の髄核というゲル状の組織が圧力に耐えきれず、外に飛び出してしまい後方にある神経などに触れ腰の痛みや下半身の痛み、痺れの症状が出てしまいます。

 

椎間板への強い圧力

不良姿勢での生活やスポーツ

重たい物を持ち上げる

加齢による椎間板、周辺組織の変性

など

 

痛みや痺れがひどい場合は手術が行われます。

酷くなければ投薬、注射、リハビリなど保存療法(手術しない治療)が行われます。

椎間板ヘルニアの症状の原因となっている飛び出てしまった髄核は、マクロファージという細胞が食べてくれます。

そのため保存療法が行われても痛みや痺れの症状が改善することがあります。

 

当院の施術で、ヘルニアの部分を直接取り除くことはできません。

椎間板ヘルニアの原因を作ってしまった不良姿勢や固まってしまった筋肉、関節にアプローチし症状の緩和、改善を目指します。

また、痛みや痺れをかばいながらの生活は他の筋肉や関節に負担をかけています。

負担のかかっている筋肉や関節のケアをしつつ施術を進めていきます。

 

脊柱管狭窄症

背骨にある神経の通り道を脊柱管といいます。

その脊柱管が狭くなり、神経を絞扼してしまうことで腰の痛みや足の痛み、痺れといった症状がでます。

50代以上の中高年に多くみられます。

長い距離を歩くと痛みや痺れが増し歩きにくくなり、立ち止まり前かがみで休憩をすると症状が落ち着いてくる(間欠性跛行)というのも脊柱管狭窄症の特徴的な症状です。

 

加齢による背骨の変性や靭帯の肥厚

不良姿勢による脊柱の配列の悪化

など

 

痛みや痺れがひどい場合は手術が行われます。

酷くなければ投薬、注射、リハビリなど保存療法(手術しない治療)が行われます。

 

当院の施術は、AKA療法(エーケーエー)などを用いて主に関節にアプローチし症状の緩和、改善を目指します。

また、痛みや痺れをかばいながらの生活は他の筋肉や関節に負担をかけています。

負担のかかっている筋肉や関節のケアをしつつ施術を進めていきます。